ちょっと旨い話

leccornia.exblog.jp ブログトップ | ログイン

バレンタイン

今年もやって来るであろう
バレンタインデー
女子達の一大イベントとしてかなり定着しているのだが
本命、義理、同僚、友達と、まんべんなく渡すとかなりの痛手なのでは?
とも考えるが、3月の「お返し」を見越しての技なら、やぶさかではないはず。

さて、弊店では
焼酎ぼんぼんが入荷中です
黒木本店の百年の孤独をスイス製チョコレートでくるみました
特に「バレンタイン」を意識している訳ではないが
チョコが常温で管理できるこの時期の限定品
40度の焼酎とチョコとの以外なマリアージュが楽しめる・・・・

無論、食べ過ぎは飲酒運転に、お子様不適商品である
d0220598_16442052.jpg

d0220598_16431564.jpg


ストレートに酔わせて「愛」をゲットしたい貴方に
お勧めの「日本酒」「焼酎」「ワイン」もございます(笑)
# by sakayahidaka | 2012-01-21 16:49 | あれこれ情報

2012 明けましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

松の内のにぎわいも過ぎて、寒さも一段と厳しくなってきました

ここ数日の冷え込みには、
「あぁ~旨い燗酒が呑みたいなぁ」という感じです
この感じのまま、18日の二水会に突入すれば
しみずの鴨鍋や出品酒が最高のはず
2012年頭の酒にご期待下さい(笑)

「温故知新」
今年のテーマです
何かに挑戦する気持ちを新しくして行きたいです


d0220598_18401678.jpg

2012年 僕も新しい芸に挑戦させられるわけ?
# by sakayahidaka | 2012-01-13 19:03 | あなたに感謝

二水会SP「天狗舞・五凛の会」

「天狗舞 ~日本の酒から世界のsakeへ~」 
 今や、日本酒は世界が認める醸造酒です
 フランスの星付きレストラン、ニューヨーク、ロスでも
 ワインと同じようにテーブルでサービスされています
 逆に、日本の和食店、鮨屋では、シャンパン、ワインが
 オンリストされ、楽しまれる方も多数いらっしゃいます
 食のグローバル化は、益々顕著となりました

 「酒は食中酒、テーブルをもっと楽しく」
 「人生の機微のわかる大人のイベント」
  これが、私共のテーマです
  
 毎年恒例の「天狗舞の会」
 大変ご多忙の車多専務のご予定を確保いたしました
 海外で注目の「日本酒」を熱く語って下さいます
 
 立食パーティとなります。ドレスコードはございませんが
 おしゃれしてお出掛けされませんか?
 

 
 期日  2月5日(日曜日)
 時間  18:00開宴   (17:30~受付開始)
 会費  7000円 
 場所  ソリッド・グリーン
     宮崎市船塚2-7 2f 0985-71-6227 

 主催  酒屋日高 日高幸嗣     
# by sakayahidaka | 2011-12-08 15:27 | イベント

青空の下、マキ・コレ・ヌーヴォーを飲もう≪報告≫

マキ・コレ・ヌーヴォー飲んだよ~
11月20日 その日は、紛れもなく晴天だった・・・風は強かったが!
しかも前日の19日午前中はザンザン降りの大雨でフェニックストーナメントも中止
だったのに~午後からは晴れて気温24度。  

だが、1週間前は80%「雨」予想。雨天の場合の公民館も予約取れず ≪困った≫
困った時の神様、仏様、「一郎様」
「青空の下」から「鉄竿」にて場所を変更したのだ
12時~16時 4時間 よ~飲んで食べました
皆さんの持ち寄り料理も旨かったし、鉄幹の洋食もワインに合いましたね~
チーズケーキやシフォンケーキのデセールもあったしね~

マキ・コレ・ヌーヴォー初めての方
「こんなにフルーティなんですか?」マキコレだからね
「こんなにイチゴ色なんですか?」 マキコレだからね
「こんなに飲みやすいんですか?」 ヌーヴォーだからね

そこで、こう考えた
マキ・コレ・ヌーヴォーは、優良生産者元詰、航空便だからちょっと高い
でも、ヌーヴォーを楽しむ会だと一品料理持ち寄りで、他の料理も食べれて
4種類のヌーヴォー飲めて、2500円っていいんじゃない!
毎年、この会の為の本数確保の調整してるんです
上出来ヌーヴォーに乾杯!
 ご参加の皆様有難うございました!

d0220598_19235590.jpg
d0220598_19242375.jpg
d0220598_19245113.jpg
d0220598_19251637.jpg

先にお帰りになった方々写ってなくてすみません ご参加感謝です!!
# by sakayahidaka | 2011-11-21 19:13 | イベント

2011ボージョレー・ヌーヴォー Ⅴ

マキ・コレ・ボージョレー・ヌーヴォー情報

7月まで続いた干ばつと暑さにより、とても健康なブドウが色着いていました
ちょうど畑に雨が欲しい頃の7月中旬から8月の頭まで、程よく雨が降りその後は
収穫までの好天気により厚い皮も濃く色づいて、早なりの年となりました

≪今年の特徴≫  
  2003年のような早なり、干ばつの年となりましたが、とても色が濃いのが今年の
  特徴のようです  今までのどの年よりも凝縮していてフルーティ、2009年を
  飛び超えるかなリ良い出来です
  下記はそれぞれのドメーヌのレポートです

 ※ドメーヌ・ジャン・モルテ Domaine Jean Mortet   
 9月9日から収穫が始まり、好天候の中とても健康なブドウが収穫できました
  ボージョレー・ヌーヴォーは完熟まで待って収穫され、フレッシュなフルーティさを
  誇る良い出来です。特に、ヴィラージュ・ヌーヴォーは2009年よりもしっかりしていて
  ヌーヴォーなのに長熟です。

 ※ドメーヌ・デュ・クロ・ドゥ・ロマネッシュ Domaine du clos de Romaneche
 8月29日に収穫が始まり、発酵も低温で順調に行きました。いつもの年よりも
  しっかりしているが、フレッシュなフランボワーズのような赤いフルーツの果実味が
  強いのが特徴です。昔から有名なボージョレーの特長を例えとしたイギリスの飴の味わい
  (ボンボン・オングレ)が開いたときに感じられます

 ※ドメーヌ・ドゥ・ラ・プティットゥ・メゾン・オート
          Domaine de la Petite Maison Haute

 ヴォー・オン・ボージョレーVaux en Beaujolais という典型的なボージョレー地方の
  小さな村で1000年の前から続くブドウ畑からとれる、幻のヌーヴォー。
  とにかく、フルーティの塊。古木ならではの凝縮した味わいを是非堪能して下さい
  2011年は今までの醸造の中で一番の出来になったと喜ぶフレデリック氏。
  日本への初リリースがいきなりレベルの高い年になってしまいました
# by sakayahidaka | 2011-11-10 19:50 | wine情報

各地で育まれるご馳走「leccornia」を求めて・・・・・夢を追う酒屋が生業。巨鮎釣りが趣味


by sakayahidaka
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30