ちょっと旨い話

leccornia.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:あれこれ情報( 10 )

旨い醤油見つけました!

生醤油「ひしほ」が持つすっきりとした豊かな香りは
素材の繊細な持ち味をくっきりと、際立させます

海水塩仕込み、しぼりたて生醤油
         「ひしほ」

寿司の名店 すきやばし次郎、パリの三ツ星レストランなどで
使われています

だから、何なの?とかおっしゃらないでね
試してみないと、「何にも言えねぇ」って、北島君も思ってるはず・・・

石川県、金沢市発のグローバルな醤油なんですもの(^^)

確かに、味噌や醤油は長年慣れ親しんだ味ってありますね
各地方によっても、違うし、料理や素材によって使い分けてる人もいます
我が家にも、煮物用、刺身用、あります。が、
最近は、刺身に「ひしほ」使ってます
宮崎の醤油って甘かったので、コレいい感じです(笑)
 
 300ml瓶 ¥565  弊店で取り扱ってます
by sakayahidaka | 2012-04-23 23:06 | あれこれ情報

GW中の休業のご案内

お知らせ

 日頃より閉店をご愛顧頂き誠に有難うございます
 誠に勝手ながら下記の期間を休業させていただきます   

 
 

 
  5月2日(水曜日)
      ▼
  5月10日(木曜日) までの9日間
 
 
 
 発送は4月29日まで承ります
 お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが
 どうぞ宜しくお願い致します

 


 焼酎蔵元の2名と我々夫婦でシャンパーニュの
 メゾン・タルランを訪問します
 9月末に来日したメラニー・タルランと朝倉さんとの再会が楽しみです
 
 「シャンパーニュの風が香る
    フランス生まれのシングルモルトウイスキー」の醸造所
 の見学が出来るかも・・・・?
 
 星付きのレストラン「アラン・デュカス」にもオンリストされているという
 このウイスキーどんな味だろうか

 その後は、リヨンで働く娘との約7カ月ぶりの再会。
 私は4年ぶりのフランス。
 珍道中ぶりは、彼らのFBの方が早いかもしれないが
 我々もFBやブログでお目にかけたいなと(^^;

 5月11日より、心を入れ替えて頑張りますので
 どうか、お見捨てなく宜しくお願いいたします    
by sakayahidaka | 2012-04-05 17:01 | あれこれ情報

節分と恵方巻き

鬼は外~
福は内~

歳より1個多く豆を食べるそうだが
だんだん食べるのきつくなってくる~
ピーナツなら食べれるか
1個で3個分にしてくれるといいけどね


お昼は
「恵方巻き」をいただく。
無言で食べるのはちと難しいぞ
d0220598_16345042.jpg

by sakayahidaka | 2012-02-03 16:02 | あれこれ情報

旨い肴はこれ!

かきの燻製オリーブオイル漬けおととし見つけた一押しの肴
2011秋は夏に襲った三重地方の豪雨の影響で入荷はなかったが
今年になってやっと手に入れました

昨年ご来店頂いたお客様~
入荷しましたのでお知らせいたします~
お目に止まるといいのですが~

三重県鳥羽市浦村産の牡蠣を使用。独自の製法で下処理をし
ブナのチップで燻した牡蠣の燻製をEXバージンオリーブオイルに漬け込む

オリーブオイルに漬け込むことで、熟成されより美味しくなります
また、そのオリーブオイルも牡蠣の旨味とスモークが移り
香りの良いオイルとなり、パスタに、炒めオイルに、醤油とブレンドして
調味料に、またドレッシングにと、アイデア次第で料理の味の引き立て役に!

賢い貴方の三行動
買ってみて
食べてみて
使ってみて
名前はこれよ覚えてね  かきの燻製オリーブオイル漬け
d0220598_18263161.jpg

以上、よ・ろ・し・く
by sakayahidaka | 2012-01-21 18:35 | あれこれ情報

バレンタイン

今年もやって来るであろう
バレンタインデー
女子達の一大イベントとしてかなり定着しているのだが
本命、義理、同僚、友達と、まんべんなく渡すとかなりの痛手なのでは?
とも考えるが、3月の「お返し」を見越しての技なら、やぶさかではないはず。

さて、弊店では
焼酎ぼんぼんが入荷中です
黒木本店の百年の孤独をスイス製チョコレートでくるみました
特に「バレンタイン」を意識している訳ではないが
チョコが常温で管理できるこの時期の限定品
40度の焼酎とチョコとの以外なマリアージュが楽しめる・・・・

無論、食べ過ぎは飲酒運転に、お子様不適商品である
d0220598_16442052.jpg

d0220598_16431564.jpg


ストレートに酔わせて「愛」をゲットしたい貴方に
お勧めの「日本酒」「焼酎」「ワイン」もございます(笑)
by sakayahidaka | 2012-01-21 16:49 | あれこれ情報

23BYスタート

日本酒の蔵元は今季の酒造りをスタートさせています
皆さん震災を乗り越えて精一杯頑張って欲しいですね
以下は青森県の人気酒「豊盃」の様子です

★『豊盃』蔵元通信より
10月11日から仕込みがスタートしました
今年も前年並みの仕込みを予定しております。今年のお米は溶けそうなので
昨年よりは多くお酒が出来そうです。仕込み蔵にエアコンを入れ昨年より1週間
早くスタートしました。自家発電機も設置して、少しは停電に強い蔵になりました
新酒が出来るまで、今しばらくお待ち下さい

今季の使用米は・・・・
豊盃米、華吹雪 華想い→青森県弘前市産
美郷錦、亀の尾→秋田県大湯村産
山田錦、山田穂→兵庫県西脇産
雄町→岡山県赤磐産  
これらを使用し「豊盃」は安心、安全で生産者の顔が見えるお米を使い
全量酒造好適米だけで仕込みます

新酒は11月中旬より
「しぼりたて」は12月初旬より入荷予定です
「豊盃」は何分割り当てですので入荷数に限りがあります
入荷ご案内は随時致しますが、お早めがよろしいかと思います
by sakayahidaka | 2011-10-19 19:56 | あれこれ情報

ひやおろし

秋の風物詩 「ひやおろし」

ワインにとっての秋の風物詩が「ボージョレー・ヌーウ゛ォー」ならば
日本酒においては「ひやおろし」だろう

さて、「ひやおろし」ってそもそも何?という方々にちょっとご説明を

ひと口で言えば
厳寒期に醸造した新酒をひと夏越して熟成させ
秋口に入って程よい熟成状態で出荷するもの

どうです? 一息で言えて丸暗記できたでしょうか(笑)

次に、もう少しプロっぽくご説明を
酒造りの開始は、一般の4月1日の新年度より遅れて7月1日となっていて
7月1日~翌年6月30日を酒の1年としています。これが「酒造年度:ブルワリーイヤーBY」
従って、今年平成25年に呑む「ひやおろし」は24BYとなります

この「ひやおろし」を呑んで楽しんでいる頃、すでに25BYの酒造りが始まっている蔵もある
と言う訳です

酒造りが始まり、「新酒」「しぼりたて」として早期出荷される酒の割合はそう多くなく
大部分は蔵にて「貯蔵」されてから出荷されます

日本に四季があるように、日本酒にも
春の新酒
夏の生酒
秋のひやおろし
冬の燗酒
と、熟成させる(寝かせる)ことにより四季に応じて
いろんなタイプの日本酒が美味しく呑めるんですね

寝かせるとどうなるの?と言うと
「新酒」の時の酸味、微妙な苦味、微発泡性のあるピチピチ感、新酒ゆえの
荒々しさなどの総合的な「フレッシュな風味」が
熟成の歳月を経て味わいや香りが落ち着いて、まろやかに変化をみせるのです

貯蔵の方法は、各蔵元の酒の持ち味を最大限に生かす独自のやり方で行われる
①搾っており引きした「新酒」を加熱殺菌工程(火入れ)をし貯蔵タンクにて寝かせる
②「新酒」をビンに詰めて火入れし寝かせる
③まったく火入れせずビンに詰めて寝かせる

多くは、①のタンク貯蔵ですが、寝かすことで得られる味わいの狙い目をチェックする
事を「のみきり」と言い、「のみきり会」を主催する蔵元もあります
7月以降数回この「のみきり」を経て秋に出荷されるものを
「ひやおろし」と言います

②の状態で2度目の火入れをしないで「冷や」のまま卸す事から
 「ひやおろし」と言う定説もあるが・・・・

とにも、かくにも、秋ともなれば、脂ののった秋刀魚や松茸、栗飯に茄子の田楽、
旨い食材がでてくる。それには、「ひやおろし」なのだ!

通な人は知っている「重陽の節句」と「ひやおろし」
馴染みのお店で、「ひやおろし、入ってる?」
なんて言ってみて下さい

旦那、さすがですね~(笑)
by sakayahidaka | 2011-08-29 18:13 | あれこれ情報

重陽の節句

 重陽の節句とは・・・・

 惣宗寺(佐野厄除け大師)境内にある菊慈童像、菊水を飲み不老長寿であったと伝えられる。
 重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。
 旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。

 5節句  人日(1月7日)日本では七草 1月1日元旦
     上巳(3月3日)
     端午(5月5日)
     七夕(7月7日)
     重陽(9月9日)

 陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから
「重陽」と呼ばれる。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、
 それを払う行事として節句が行なわれていたが、
 九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。
 後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである

 邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、
 菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた
 また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった
 しかし、現在では、他の節句と比べてあまり実施されていない

                      フリー百科事典『ウィキペディア』より         

この「菊花酒」をかけて、酒蔵が厳寒き期に醸造した清酒を、春から夏を経て
熟成させ秋口に入り一年で一番酒が美味しくなったところで
出荷するものを・・・・「ひやおろし」と呼び、重陽の節句の日を解禁日としている

今年も各蔵元ご自慢の「ひやおろし」が入荷いたします
どうぞ、飲み比べて下さいね
by sakayahidaka | 2011-08-23 15:17 | あれこれ情報

ネオビストロ

手軽に楽しむフレンチ

パリではミシュランガイドの★を獲得しているような有名店で修業したシェフが
低価格で気軽に楽しめる店を開き、人気を博している
こうした店を「ネオビストロ」という

パリではリーマン・ショック以降、郊外の店で過剰なサービスをせず
安くても本物を味わえる店が支持されている

7月には低価格で質の高いフランス料理を提供している店を紹介する
ガイドブックを発売「ミシュランガイド・ボンヌ・プティット・ターブル東京」
東京都内のフレンチやワインバーなど295店が掲載

10月4日~10日には東京、関西の約300のフランス料理店が低価格の料理を
提供する「ダイナースクラブ・フランスレストランウィーク」が開催予定
  http://www.francerestaurantweek.com

楽しくゆっくりフレンチパラドックスしてみてはいかがですか043.gif
by sakayahidaka | 2011-08-02 18:43 | あれこれ情報

「世界一予約の取れないレストラン」休業

「世界一予約の取れないレストラン」として知られるスペイン・カタルーニャ地方の
「エル・ブジ」が休業することになり、30日最後の夕食会が行われた

AFP通信によると、約50人が招待され、「ピスタチオのラビオリ」
「ハムのメロン・ジュースあえ」など50種類の料理が振る舞われた

店は2014年料理研究所として再出発する予定で、シェフのフェラン・アドリア氏は
「我々の計画は今後も続く」と話した

同店は1964年にオープン
英誌「レストラン・マガジン」で2002以降「世界最高のレストラン」に選ばれた
一人当たり平均料金は食事だけで270ユーロ(約3万円)
予約希望は年間200万件以上あったとされる

同氏は昨年1月「休養をとる」として休業を発表した

                8月1日 読売新聞 掲載

あの「エル・ブジ」が休業とは

最後の晩餐
招待された50人とは・・・世界のセレブ?
50種類の料理の内容は?
料理だけで一人3万は「世界最高」にしては安いだろう
予約希望が多いはずだ


006.gif「エル・ブジ」オンりスト、スペイン白ワインの中で人気の高い
ルエダ地方のnaia(ナイア)を飲んでお疲れ様と乾杯しようっと♪
by sakayahidaka | 2011-08-01 18:04 | あれこれ情報

各地で育まれるご馳走「leccornia」を求めて・・・・・夢を追う酒屋が生業。巨鮎釣りが趣味


by sakayahidaka
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31